「自分軸を創り自分軸で生きる」

地蔵アート

やることを やるときに やる

Date2021.08.13

そのうちやろう とか
いまじゃなくてもいい とか
ずいぶん先延ばしにしてきたけれど、
やっぱり いましかやれないこともある
そうだ!
やることを やるときに やれ!

地蔵アート

ぜんぶ あなたに 必要なことでした

Date2021.08.20

あんな目にあって、あんなことをされて
おまけに 自分もあれこれやってしまった
過去を振り返ると、かき消したくなるような記憶が山ほどある
後悔や、罪悪感が沸き上がる
でもね、それはぜんぶ今の自分につながっていて、
ぜんぶ ボクの人生に必要なことだった
それを認めた時から、本当の人生が始まった

地蔵アート

ゆだねる

Date2021.08.27

ゆだねるなんて簡単にはできやしない
自分で 何でもやってきたし、
大事なことを人に任せるなんてことはしてこなかった
自分でやれば 結果がどうであれ、自己責任。そうやって生きてきた
でも、人生はやっぱり大きな何かによって動かされているような気がする。
ジタバタしても、結局運ばれてるって、どこかで感じてしまう。
ゆだねてみる、結構らくちんになれるかもしれないなぁ

地蔵アート

ちっちゃい頃は いつだって
今しかなかった

Date2021.09.03

昔のことをあれこれ思い出して胸が苦しくなったり
明日のことを考えて不安になったり
今を生きるどころか、大事な今と言う時間が、
まるで明日のための時間になってしまう
子どものころは、昨日のことも明日ことも関係なくて、
いつも目の前にあることに飛び込んでいた。
「今ここ」ちっちゃい頃は、禅のマスターだったのかもしれない。

地蔵アート

自己を学ぶ

Date2021.09.10

いろんな知識を得てきた。
覚えていることもあるけれど、
忘れてしまったこともたくさんある。
今、この歳になって改めて、自分をもっと知りたくなった
生涯かけて学ばなければならないことは、
もしかしたら、自己を学ぶ ことだけなのかもしれない。

地蔵アート

学んで また 手放す

Date2021.09.17

知識が増えると、その分「知ってる」が増える
知ってる が増えると、「なんで?」がなくなる
なんで? がなくなると、人生がおもしろくなくなる
好奇心がなくなってしまっては、生きている実感を味わえない。
だから頭でっかちになる前に、
手放して また学ぶ

地蔵アート

あぁ ありがたい

Date2021.09.24

実りの秋
たくさんの実りを受け取ってきた
でもつい、その感謝を忘れてしまう
「それがあたりまえ」になってしまうと、ちっともありがたくなくなる
ありがたいって思えないのは、傲慢だ。
感謝は、謙虚さから生まれてくる
「ありがたいなぁ」って、しみじみ味わう
そんな謙虚さは、いくつになっても大事な課題だなぁ

地蔵アート

なんにもないってことは
全てがあるってこと

Date2021.10.01

若い頃は、自分が空っぽだって何度も落ち込んだ
空っぽなのは嫌だから、知ったかぶりもした
でも、そんな自分を受け入れ始めると、
空っぽが恥ずかしくなくなった
そして、空っぽの箱が、
何でも入れられる魔法の箱になった

地蔵アート

実りを受けとる 自分を認める

Date2021.10.08

自分のことを認められなければ
何を受けとっても、うれしさは味わえない
自分の一歩が生み出した「なにか」は、
それがどんなに小さなものでも、いとおしい
今日は、自分のことを大好きだって言ってあげよう

地蔵アート

知る、を 気づきに

Date2021.10.15

知らないことを調べて、知っていることが増えていく。
知れば知るほど、豊かな気持ちになる。
でも、よく考えてみれば、知ることと、
それを経験していることとは全く違う。
経験してみなければ、気づきは生まれない。
知る、だけでなく、それを経験して初めて、自分と“それ”がつながる。

地蔵アート

受け取る、受け入れる、
そして、認める

Date2021.10.22

自分とは違う考えは、簡単には心に入ってこない。
まず、受け止めて、それからゆっくり受け入れてみる。
呼吸を整えて、よく感じて、味わって、
それから認めていけばいい。
素直さが、それを助けてくれる。

地蔵アート

友がいるって言える しあわせ

Date2021.10.29

年に1、2回だけ、「元気?」って連絡を取り合う友がいる。
若い頃は毎日のように話し、笑い、励ましあった。
今は、ほんの数行のメールでも、
あいつのやさしい気持ちが伝わってくる。
友は今もあの頃のまま、ボクの心の中にいる。
ボクには、そんな大事な友がいる。

  • 地蔵アート

    「やることを やるときに やる」

    そのうちやろう とか
    いまじゃなくてもいい とか...

  • 地蔵アート

    「ぜんぶ あなたに 必要なことでした」

    あんな目にあって、あんなことをされて
    おまけに 自分もあれこれやってしまった...

  • 地蔵アート

    「ゆだねる」

    ゆだねるなんて簡単にはできやしない
    自分で 何でもやってきたし...

  • 地蔵アート

    「ちっちゃい頃は いつだって 今しかなかった」

    昔のことをあれこれ思い出して胸が苦しくなったり
    明日のことを考えて不安になったり...

  • 地蔵アート

    「自己を学ぶ」

    いろんな知識を得てきた。
    覚えていることもあるけれど、忘れてしまった...

  • 地蔵アート

    「学んで また 手放す」

    知識が増えると、その分「知ってる」が増える
    知ってる が増えると、「なんで?」が...

  • 地蔵アート

    「あぁ ありがたい」

    実りの秋
    たくさんの実りを受け取ってきた...

  • 地蔵アート

    「なんにもないってことは 全てがあるってこと」

    若い頃は、自分が空っぽだって何度も落ち込んだ
    空っぽなのは嫌だから、知ったかぶりもした...

  • 地蔵アート

    「実りを受けとる 自分を認める」

    自分のことを認められなければ
    何を受けとっても、うれしさは味わえない...

  • 地蔵アート

    「知る、を 気づきに」

    知らないことを調べて、知っていることが増えていく。
    知れば知るほど、豊かな気持ちになる。...

  • 地蔵アート

    「受け取る、受け入れる、そして、認める」

    自分とは違う考えは、簡単には心に入ってこない。
    まず、受け止めて、それからゆっくり受け入れて...

  • 地蔵アート

    「友がいるって言える しあわせ」

    年に1、2回だけ、「元気?」って
    連絡を取り合う友がいる...